2024年6月2週目

2024年6月2週目(6/14)資産状況

評価額は388,328円(先週比-0.0%)でした。今、「タートル流投資の魔術」を読んでいまして、INとOUTを明確にしたルールを作りました。このため、今週は色々整理しました。これからルールに従って、トレードしていきます。

  • 三機サービス:損切
  • カゴメ:損切
  • JMACS:勢いが落ちてきたので利確
  • UTグループ:ルールに従いIN。下がりレベルはOUTルールに抵触しないが、サイズが大きいため早目に損切。
  • 日本スキー場:ルールに従いIN。OUTのルールに抵触していないため、保有を継続。

2024年6月1週目

2024年6月1週目(6/7)資産状況

評価額は388,473円(先週比-0.5%)でした。タマホームがなくなったので、ボラがだいぶ抑えられてますね。

  • 東洋シヤッター:目標株価くらいになったので利確
  • 名古屋鉄道:転換型社債発行で下落したところを買い。さらに下がったので損切して、再エントリー。株に転換できるトリガーが高くて、実質的には2029年以降しか希薄化しないと思っている。現状は下がりすぎの判断です。

2024年5月投資パフォーマンス

年初来パフォーマンス

年初来パフォーマンスは-2.9%でした。先月からのタマホームの傷を何とか最小にできました。

月初来パフォーマンス

月初来+4.5%でした。タマホームの含み損の振れ幅にやられた1か月でした。

パフォーマンス分析

確定損益で言えば、FIXERとタマホームのどちらも決算後に成りで空売りした銘柄がダメでした。特にタマホームはやばかったです。空売りはリスキーですね。空売りを辞めるのは下げ相場に無策で挑むことになるので、禁止はしないですが、かなりタイミングを選ぶ必要があることが学びです。FIXERも結局損切になりましたが、現状の株価は下がっているので見立て自体は間違いがありませんでしたが、安易なポジション取りはダメでした。後はカゴメをきちんと損切できるかですね...。

確定損益

上位3銘柄

下位3銘柄

2024年5月5週目

2024年5月5週目(5/31)資産状況

評価額は390,604円(先週比+8.4%)でした。タマホームはが権利日跨ぎでほぼほぼ同値くらいで撤退することができました(貸株料はくらいましたが)。とりあえずホッとしました。

2024年5月4週目

2024年5月4週目(5/24)資産状況

評価額は360,339円(先週比-3.2%)でした。カゴメが下がり過ぎました。損切悩み中です。いずれにせよタマホームを損切りするまでは余力なくて売買できないので、おとなしくまだ角煮できてない決算を読み込みます。

2024年5月3週目

2024年5月3週目(5/17)資産状況

評価額は372,268円(先週比-3.4%)でした。タマホームが悪いですね。5月が権利月で6月になったら下がると思われるのでそこまでは耐える予定です。今週の決算はピックアップだけして、ちゃんと見れてないので週末かけてみます。

  • 雪印メグミルク:場中決算発表で利回りがいい感じだったので購入。ただその後、特に上がらなかったので撤退
  • 川上塗料:売られすぎのタイミングでIN。ただその後も特に値動きないので撤退

【東洋シヤッター】
来期配当で利回り5%超えだったのでIN。

カゴメ
売られすぎのタイミングでIN。1Qも好調。

2024年5月2週目

2024年5月2週目(5/10)資産状況

評価額は385,532円(先週比+3.2%)でした。今週から決算発表が多くて大変です。

  • 共和レザー:決算跨ぐつもりなかったので利確
  • 日本精工:こちらも来期は良さげなガイダンスを出す可能性あると思って、空売りの買い戻し
  • FIXER:損切...つらい...
  • JMACS:電線は今期良くなるのではと見込んでIN